Ananda Marga Japan
Home
Email
English
Ananda Marga Japan
blankyogablank
About Ananda MargaNeo HumanismPROUTService to HumanityService ActivitiesP. R. Sarkar
       
 
   

霊性修行を通しての世界平和

by Dada Pranakrsnananda

世界という語は、サンスクリット語でジャガトと翻訳される。ジャガトは常に動いていて、常に変化を受けているということを意味する。この世の中にあるすべてのものは動いており、動かないものは何もない。これが世界のありのままの状態である。しかしながら、このように尋ねる者がいるかも知れない。「どちらに向かって動いているのだろうか?」この動きの向かう先はどこなのだろうか?

 私が先生に研究課題を与えられているとしよう。私はバス停へ行って、様々な人に合う。質問に答えて貰い、私が研究課題を終えるのを手伝ってくれるように頼む。私の質問はこうだ。「人生の目的は何でしょう?」殆どの人がこの質問にびっくりするのが目に見えるようだ。こんなことについては誰も考えもしないことなのだ。しかし、私が、会社とかスポーツクラブとか団体についての目的は何ですか、と尋ねたとしたら、易々と答えてくれる。法律に基づいて登録された書類に組織設立の目的が記されているのだから。ところが個人として人生の目的について考えることなど、殆ど1度もないのだ。

私は何故生まれたのか? 私は何故この惑星にやってきたのか? ここに来た目的は何か? 世界は動いている。そして私はこの世界の一部分である。もし私が、学位、すばらしい家族、家、自動車、ビデオ、テレビを手に入れるために生まれてきたというのであれば、非常に多くの星、太陽、星雲、惑星、何十億という植物、動物それに人間のいる広大な宇宙は創造されはしなかったはずだ。完成のために何十億年を費やした、それほど莫大な創造物はある大きな目的を持っているに違いない。

ヨギは、再誕−生−死−再誕などがあることを信じている。であれば、私がこの世で到達した地位というものは次の生命へと継続されはしない。再び最初から始めなければならない。もう一度勉強し、もう一度結婚し、もう一度闘わなければならない。何世にわたって闘い続けるのであろうか? この闘いは何か他のことのためであることは明白だ! これらの取るに足りない目標を達成したとしても満足ではない。私はもっともっともっと欲しい、どこかにもっとあるに違いない。

「アトマ・モクシャルサム・ジャガト・ヒタヤ・チャ」

7000 年前にサダシヴァという偉大な霊性の師が創造世界を指導するためにこの惑星にやって来た。人生の目標と、その目標にどのようにして到達するかという実践的な方法を示す特別な目的をもってやって来た。人生の目標とは「アトマ・モクシャルサム・ジャガト・ヒタヤ・チャ」であると言った。その意味は「精神的な限界という束縛からの魂の解放と世の中への無私の奉仕」である。これは個人の目標であり、社会の目標でもあるという。

社会とは何か?社会という言葉は、サンスクリット語で「サマジャ」という。サマジャは二つの語根sama とa’ja とから成る。sama は「共に」、または「同じ」、a’ja は「動くこと」を意味する。だから、人間が共に動けばそれが社会である。もし社会というものが存在するとすれば、二つの要素が不可欠である。1つは共通の目標である。つまりそれは、誰もが納得する皆の共通の目的でもある。第2のものは、その目標に向かって動くエネルギーである。さて、私たちにくれた目標が正しいものであると納得したならば、次には、目標を達成するための特別な方法と過程がなければならない。そうでなければ、それは夢物語に過ぎないことになる。

目標を悟るためにシヴァが教えた科学的な方法がタントラ・ヨガ、挑戦のヨガである。ヨギたちは、霊性の修行のうちで最も重要な側面にあるものが瞑想であると言う。だから瞑想こそが、解放の状態と無私の奉仕への心構えを達成するための実践的な闘いといえる。そこで、瞑想を行うために最も基本的に必要なものとは何か? 瞑想は人間の体なしには実践することができない。それ故、人間の体を維持するための、食物、衣類、住まい及び医薬を整えることが、最小限必要である。そしてこれらの基本的な必需品を入手するために、就職に必須の教育が保障されねばならない。それは、人間の体の生存を保障するために、正しい社会経済哲学が継続的に維持されねばならないことを意味している。

さて、今日私たちの惑星での生きた社会経済哲学にもっと近寄って見てみようではないか。基本的に2つある。アダム・スミスはまだ書店で手に入る本「富国論」において古い哲学を詳細に説明している。アダム・スミスは本の中で今日の経済システムは多少の例外はあっても、すべてこの原理に基づくと述べている。私は、ここで経済システムについて説こうというのではない。皆さんにこれらの経済活動の基本的な誘引を分析して欲しいと思う。アダム・スミスは、私たちの社会が「発展」している理由は貪欲と利己心であると言う。貪欲と利己心は経済成長の誘引であり、生活水準を向上させた。また、この特色はどんな方法によっても、特に政府によってはコントロールされるべきでないと言う。これを彼は「無干渉主義」と呼んでいる。私は、人生の目標とは魂の解放と無私の奉仕であると述べた。だが、今日の経済システムは貪欲と利己心を支持する。私がこの哲学にそのまま従うなら、私は霊的な人生という目的に背くことになる。霊性修行を完全に捨てるか、それとも私の目的に合うようにシステムを変えるかのどちらかである。

カール・マルクスは、当時のヨーロッパにおける労働者階級の窮乏と困苦への反動を捉えて、所有者であることの心理的状態に基づく「新」経済システムを提唱した。実際のところ、アダム・スミスの哲学つまり資本主義と、カール・マルクスの哲学つまり共産主義の主な違いは所有の概念である。ところで、カール・マルクスは貪欲と利己心の問題を解決しなかった。過去において、共産主義国における指導者たちは大概老人であり、在職のまま死んでいった。共産主義経済においては、実利的な特権が与えられた。党の役人は政府、または党において確かな地位を占めていたので、家、自動車、プール、特別購買権などを手に入れた。しかし、党の役人が一たび党を離れると少しの特権しか与えられなかった。中には完全にそれを剥奪される者もいた。だから、何も失いたくないと思う。自分が持っている物をもち続けたいと思ったのである。共産主義は動因において資本主義と同じである。共に貪欲と利己心によってやる気を起こさせる。ただ方法が違うのみである。

私は、貪欲と利己心は霊性の追及とは相容れないものであると前に言った。誰かが、ウエリントン行きのバスに乗るためにネイピアのバス停に来て、まるで逆方向のオークランド行きのバスに乗り込んだとしたら、その人は愚か者と呼ばれて当然であろう。しかし、今日世界中で、様々な国、様々な宗教の人が正にそれと同じことをしている。一方で、自分を抑えて犠牲になるべきである、愛すべきである、思いやりのある奉仕をすべきであると教えながら、もう一方では生活必需品を何千何万と奪い、もっともっとと蓄積する競争に余念がない。物質的な財には限りがあるが、神性にだけは限りがない。物質的な財は合理的に分け合わなければならないのだ。

集団社会の精神

世界のあらゆる聖典には、神はただ1つであると述べられている。名前には違いがあるが、私たちは皆、神はただ1つしかないという事実を受入れている。

さて、ただ1つの神しかないとするならば、この世のすべてのものがその1つの神から創造され、または生まれたのであるから、私たちは互いに関係づけられていて、他の存在のすべては私と同じように同じ「父」からやって来る。私たちは皆兄弟姉妹なのだ。家でテーブルにつき食事を摂るときには、私のもっている食べ物を当然家族全員と分け合う。また、太った弟や瘠せた妹が栄養のある食事を摂って平等に健康になるように気を配る。これは犬の社会で起ることとは逆である。犬の群れに残り物を投げ与えると、一番強い犬が食べ物にまたがり、他の犬が食べようとして近づこうものなら、唸り声で威し、気のすむまで食べるのである。今日の「社会」では、限度のある資源の上に如何に様々な「強い犬」が立ちはだかって吼えまわしていることか。何千という悪意のない人びとが鋭い歯と強い顎で引き裂かれても平気なのだ。

しかし、私たちは犬ではない。すべての生き物は制約のないことを切望している。制約のない目標のみがこの切望を満たすことができる。私たちがこの惑星に「世界平和」を確立しようとするなら、1つの神の原理とその神に到達するための実践法とを普及させなければならない。それは、状況が変わるような何かを待って、或は自分自身の霊的な人生への見方に溺れて、怠惰に座っていたのでは確立されはしない。神の慈悲は私の上に雨のように豊かに注がれている。私はそれを利用するだけだ。

ラジオ、テレビ、映画、ビデオ、広告板などが毎日、すべての家庭で、貪欲と利己心が真の道徳原理であり、あのドルこそが「神」であるとのマントラを唱え続けている。霊性修行は重圧と緊張からの都合の良い逃避でもなく、実業家が株式取引所で互いの利益のために取引でぶつかり合うというような、神と人間の営利的な賭けでもない。新しい神(「金」)と新しい道徳(「貪欲と利己心」)を増殖させるために、人、金、物のすべてが、大変な努力によって利用されている。社会の公開討論の場に参加すること、或は年1回の公の集会で私の意見を述べること、独り私の家で、或はグループで私自身の霊性修行をすることは、たとえ本人に役立つとしても、それだけでなく外の世界を目覚めさせることが必要なのだ。平和は、神性を確立するために、私の心の寺院において、また、その目的に向かって役立つ環境において行う、瞬間瞬間の闘いによって生活の質とレベルを改善しようとする、連続的、持続的な努力の結果なのだ。人生において、学位、良い家族、家、自動車、パソコンを手に入れることができた、ストレスと病気を克服できたと死の床で言うだけで、私は満足させられるだろうか? それは「全世界の家族」への私の遺産であると言えるだろうか?

霊性修行は、非現実的な修行ではなく、誓いの言葉が要求される実践的な生活法である。私たちは、瞑想、犠牲、無私の奉仕によって、人生の真の目標「魂の解放と世の中への奉仕」を普及する。霊性修行、そして神の財の、所有ではなく、正しい活用は地球に平和をもたらす。願わくは努力によって皆成功せんことを!

この論文はダダ・プラナクルスナナンダによって書かれた。

「ババ! あなたが思うとおりの私にしてください! あなたがこうして欲しいと思うとおりのことを私にさせて下さい! あなたの思うとおりの結果をあなたが得られますように!」

 

The author is a yogic monk and meditation teacher in New Zealand/ Aotearoa. You can find more articles by him on his website. www.dadaprana.com

 

 

   
   
   
   
   
   
   
   
   
 


 
       

Copyright © 2004, Ananda Marga Japan| お問合せ |