Ananda Marga Japan
Home
Email
English
Ananda Marga Japan
blankQ&Ablank
How to MeditateMeditation TipsWhat is Kiirtan
       
 
   

瞑想の仕方

瞑想
1.
日の出と黄昏の前に20分間瞑想の時間として設ける。(20分必ずしなくてはいけないと思わなくてもいいです。なかなか座ってられない時は5分間でもいいでしょう。)
2.
始める前に半身浴(手足、目、顔、首にに水をかけすっきりする。)それか冷たいシャワーを浴びる。
3.
静かできれいな邪魔されない場所を選ぶ。
4.
もし必要なら毛布かクッション座り膝をサポートし、かかる負担を減らす。
5.
背筋をまっすぐに伸ばし(力を入れすぎない)肩から力を抜いて足と手を組んで座り手を膝の上に置く。舌を丸め少し後ろに持ってきて舌が上あごを触るようにする。(もしこの姿勢で体が痛くなるようならばリラックスしてもいいがなるべくこの姿勢にだんだん慣れるようにする。)
6.
正しく息をしていることを確認する。例えば、息を胸で吸うのではなくお腹から吸うこと。
7.
自分の息の仕方に少しの間落ち着くまで集中する。
8.
自分の周りや内に存在するの無限の愛、無限の意識のことを考える。愛以外には何もないことを考える。この考えを自分の意識が和らぎ広がり渡るまで続ける。(これは視覚的ではなく感覚や観念でも良い)
9.
無限の愛や無限の意識について考え続け、マントラを繰り返し始める。"Baba Nam Kevalam" そしてこの意味である『愛は全てに存在する』を考える。
10.
自分が無限の愛や限りのない意識と一体になることを感じる。そして自分自身がその愛や意識になっていくことを感じる。
11.
もし心がいろいろなところに行ってしまうのならば緩やかにマントラと無限の意識に気持ちを持ってくる。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 


 
       

Copyright © 2004, Ananda Marga Japan| お問合せ |